手作りドッグフードの良い材料悪い材料

愛犬においしいご飯を食べさせてあげたい!と飼い主さんは考えたときに、どんな成分が入ったドッグフードを選んだらいいのだろうと迷うでしょう。そこで、手作りドッグフードについてどんな材料を使ったらいいのか、使ってはいけない材料はなにかを紹介します。

まず、手作りするにあたり、犬が健康を維持するにはどの栄養素が必要で、あまり必要のない栄養素はなにかを知ることから始めましょう。
犬のエネルギーの源は、炭水化物ではなくたんぱく質や脂質となります。それは、犬は肉食動物であり、糖質を分解することが苦手ですので、糖質と繊維とに分解をしてエネルギーを発生する炭水化物はとってもエネルギーにしにくくなるからです。
また、からだの調子を整えるビタミン軍のなかでもビタミンCは犬の体内で作りますので不要となりますし、同じような作用であるミネラルは過剰摂取に気をつけなくてはなりません。

これをふまえて、高タンパクで低カロリーと人間のダイエット食にも人気の「ささみ」や、消化吸収が良い「豆腐」、質の良いたんぱく質を摂取できる「たまご」はドッグフードにふさわしい材料です。
反対に、中毒になるおそれのある「ねぎ類」、消化の悪い「いか」「たこ」「こんにゃく」、カフェインや香辛料などは犬のからだに良くないのであげないほうが良いでしょう。

愛犬の美味しいご飯を手作りすることができたらペットライフもより楽しくなりますね。

↑ PAGE TOP